ゼファルリンとゼクノリンを比較

ゼファルリンTOP >> ここは押さえよう >> ゼファルリンとゼクノリンを比較

ゼファルリンとゼクノリンを比較

ゼファルリンと比較されることが多い精力剤にジスペリンがあります。どちらもペニス増大効果を謳っており、精力減退だけでなくサイズの悩みを抱えている人にも注目を集めています。ではこの2つにはどのような違いがあるのでしょうか、ゼファルリンとジスペリンを比較してみました。

まず成分に関しては違いはあまり見られず、かなりの成分・エキスが共通しています。ゼファルリンに配合された成分ではL-シトルリン、L-アルギニン、L-トリプトファン、有機マカ末、トンカットアリ、スッポン、マムシ、豚睾丸エキス末、ガラナ、ワイルドヤム、エゾウコギ、朝鮮人参などじつに30種類以上が挙げられます。ジスペリンにもこれらの成分の多くが含まれており、成分だけで効果の違いを判断するのは難しい面もあります。

ただ、ジスペリンの特徴としてはビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンCといったビタミン群が多く含まれていること、DHA、コンドロイチン、コラーゲン、キトサンといった体の健康や若々しさを維持する効果が期待できる成分も含まれている点が、特徴として挙げられます。こうしてみるとゼファルリンはペニス増大効果に優れている一方、ジスペリンは精力増強や滋養強壮効果の方により重点が置かれている様子が窺えます。また、精力剤として見ると、多彩な成分・エキスがバランスよく配合されている点でゼファルリンの方に軍配があがりそうです。この点は何を目的で精力剤を使用するのかによって評価が分かれそうです。

ゼファルリンとジスペリンの比較のポイントとしては摂取量の違いも重要です。ゼファルリンは錠剤とカプセル状の2種類がセットになり、それぞれ2粒ずつ、合計4粒が1日の摂取量となるのに対し、ジスペリンは3種類のタブレットを1粒ずつ、合計3粒が摂取量となります。飲みやすさ、量の点ではジスペリンの方に軍配が上がりそうです。とくに錠剤を飲み込むのが苦手な人にとってはジスペリンに魅力を感じるのではないでしょうか。

安全性に関してはどちらもとくに副作用の問題などは報告されておらず、とくに神経質になる必要はなさそうです。ただし、比較の点では大きな違いがあります。ゼファルリンはもともと日本人向けに作られた国内製の製品なのに対し、ジスペリンはもともと海外で開発・販売されていたものが国内でも販売されるようになったものです。そのため日本人の体質に合うかどうか、効果が強すぎて健康に問題が生じないかどうかといった点ではゼファルリンの方が安心して摂取できると言えるでしょう。このように、似たようなイメージも強いゼファルリンとジスペリンですが、細かく比較してみるとかなりの相違点を見つけることもできます。


>> 日本製で安心!国内唯一のゼファルリン公式通販サイトはコチラから! <<



Copyright (C) 2014-2017 ゼファルリン通販ガイド【※購入前に読むサイト】 All Rights Reserved.